非常に優秀な金属材料であるベリリウム銅とは

作業員の手元

ベリリウム銅という金属材料をしっているでしょうか。
そもそも、「金属材料」という言葉そのものが聞き馴染みがない、という方も少なくないでしょう。
ベリリウム銅というのはその名の通り、銅に極小量のベリリウムを加えて作られた、合金です。
ベリリウム銅に含まれているベリリウムの量は0.5~3パーセントなのですが、この極小量のベリリウムを加えることによって、純粋な銅に比べて格段に強度を上げることに成功しているのです。
銅は本来柔らかい金属なのですが、ベリリウム銅は銅合金の中で最も強度が高いとされており、高強度の金属材料です。
しかも、本来銅が持っているような熱や電気を通しやすい性質や加工のしやすさなどのプラスなところを失わず強度を上げているため、ベリリウム銅は様々な分野において活躍している金属材料なのです。
具体的には、精密機器のパーツや楽器、弾丸などにもベリリウム銅が使用されています。
また、宇宙開発用の材料などにもベリリウム銅が使用されている場合が多く、非常に優れた金属材料の1つといえます。
上記の他にも、ベリリウム銅というのは幅広い分野の幅広い製品に使用されている金属材料なので、身近な物の中のどんな製品に使われているのか調べてみるのも面白いです。

銅の中でも最高強度のベリリウム銅

銅は毎日なにげなく触れている金属材料ですが、銅と他のものを混ぜることによって、たくさんの特性を持たせることが出来ます。使う製品によって使い分けされているのです。銅の加工したものの中に、ベリリウム銅というものがあります。銅にベリリウムという金属を混ぜて作ったものです。このベリリウム銅になると強度は最高になり、引っ張る力や伸ばす力に対する耐久性がとても高くなります。ベリリウム銅は強度があることから、機械や工業製品などに使われることが多いです。他にも形状をキープする力が強い特性から、バネなどに使われることもあります。身近に使われているベリリウム銅としては、見えるものであれば楽器などにも使われています。小学校で使ったトライアングルなどもベリリウム銅で出来ています。ベリリウム銅は強度が強いだけでなく、発した音を変わらずに響かせられるという特性もあるのです。なかなか自分で加工する方はいないかもしれませんが、ベリリウム銅を作るときに、ベリリウムに毒性があるので作業には気をつけなくてはなりません。しかし私たちが日常で使っているベリリウム銅はすでに加工済みなので、健康への影響はないので安心して使って大丈夫です。銅の中で最高強度と言われるベリリウム銅は、意外と身近なところに使われています。

ベリリウム銅を金属材料通販などで買う場合の基礎知識

銅は様々な金属を加えて合金を作ることができますが、特にベリリウム銅は耐久性に優れている点が魅力です。また質の高いベリリウム銅を購入したいときには、金属材料の通販サイトが役立ちます。少量でも購入可能な通販を活用すると、実験用や試作用の金属材料もすぐに確保することができます。ベリリウム銅の代表的な用途は電子部品などであり、パソコンなどのパーツを製造している企業も高品質の金属材料を手に入れたいと考えています。通販サイトでは板状や丸棒タイプの製品を販売しており、用途に合わせて工作機械で加工することも可能です。しかし需要があまり大きくない素材なので、購入する場合には取り寄せてもらう必要があります。また自社でベリリウム銅を製造販売しているメーカーであれば、バネタイプの製品を供給することができます。個別のメーカーのウェブサイトを訪問すると、ユーザーのニーズに合った製品を見つけることが可能です。またベリリウム銅の線材は、特に電子部品用としての需要が大きいです。細い線材を注文することも可能であり、表面の加工をしてもらうこともできます。メーカーはカタログも提供しており、最適な形状の製品を購入したいときにも役立ちます。

たとえば【イーメタルズ】の場合、加工してほしい形状を画像から選択することができるので、非常に注文しやすいといえるでしょう。見積書の手配も簡単に行うことができるので、ベリリウム銅の手配を検討する際には是非活用しましょう。

RECOMMENDED CONTENTS

ドリルの先端

銅はリサイクル性に優れた価値の高い金属材料

我々の生活を支える上で、金属材料は必要不可欠なものであり、銅はインフラ設備をも支える重要なものです。丈夫で数年にわたり使用できる家電製品や精密機器は、耐久性に優れた金属材料を使用すれば良いと考えがちですが、リサイクル性に優れているかも重要です。そして、銅は金属材料の中でもリサイクル性に優れるだ…

金属加工をする

銅は蒸留釜にも使用され効果が実証された金属材料

銅は、我々の生活で身近な金属材料であり、比較的高価なものです。電気銅の国際価格は2007~2008年頃には1tあたり100万円ほどにまで上昇し、2021年初めでも80万円もするほどです。そんな銅ですが、電線の導体から冷蔵庫などの熱交換器、調理器具に使用されています。しかし、そんな価値の高い銅を…

金属の線材

金属材料の歴史の中で銅が果たしてきた役割

人類のこれまでの歴史を考える上では、道具の発明と技術開発に注目することが重要です。数万年前は黒曜石などを加工して石器を作っていましたが、やがて人々は金属材料を使うようになります。最初は銅の使用からスタートした人々も、やがて鉄を使うようになり始めます。しかし人々は個別の金属材料の特性を考えており…

工場で働く人

銅の合金などの金属材料の活用法とは

鉄やアルミニウムなどの金属材料は、合金という形で利用されることが多いです。特に銅は古くから合金として活用されてきた歴史があり、その代表的なものとしてはブロンズを挙げることができます。ブロンズは胸像やモニュメントを作るときに使われており、風雨に曝される機会が多い屋外でも優れた耐久性を示しています…