金属材料の歴史の中で銅が果たしてきた役割

金属の線材

人類のこれまでの歴史を考える上では、道具の発明と技術開発に注目することが重要です。数万年前は黒曜石などを加工して石器を作っていましたが、やがて人々は金属材料を使うようになります。最初は銅の使用からスタートした人々も、やがて鉄を使うようになり始めます。しかし人々は個別の金属材料の特性を考えており、現在でも電気伝導性に優れているので銅を活用する機会は非常に多いです。また青銅などは古くから使われており、現在でも博物館などで昔に製造された製品を見ることができます。そして歴史のある寺院の本堂に置かれている仏像も、銅でできている場合が多いです。また黄金のような光沢があるために、装飾品や工芸品用の金属材料として銅は全国各地で使われています。また仏像などを鋳造する場合には、膨大な量の金属材料が必要になります。大昔には海外から輸入されていたこともありますが、鉱山の開発によって次第に国内での自給も容易になります。また生産量が増えると、地金などの形で逆に世界に向けて輸出するようになります。しかし現在では大半の鉱山の資源は枯渇したので、また再び輸入に依存するようになっており、総合商社が重要な役割を果たしています。

RECOMMENDED CONTENTS

ドリルの先端

銅はリサイクル性に優れた価値の高い金属材料

我々の生活を支える上で、金属材料は必要不可欠なものであり、銅はインフラ設備をも支える重要なものです。丈夫で数年にわたり使用できる家電製品や精密機器は、耐久性に優れた金属材料を使用すれば良いと考えがちですが、リサイクル性に優れているかも重要です。そして、銅は金属材料の中でもリサイクル性に優れるだ…

金属加工をする

銅は蒸留釜にも使用され効果が実証された金属材料

銅は、我々の生活で身近な金属材料であり、比較的高価なものです。電気銅の国際価格は2007~2008年頃には1tあたり100万円ほどにまで上昇し、2021年初めでも80万円もするほどです。そんな銅ですが、電線の導体から冷蔵庫などの熱交換器、調理器具に使用されています。しかし、そんな価値の高い銅を…

金属の線材

金属材料の歴史の中で銅が果たしてきた役割

人類のこれまでの歴史を考える上では、道具の発明と技術開発に注目することが重要です。数万年前は黒曜石などを加工して石器を作っていましたが、やがて人々は金属材料を使うようになります。最初は銅の使用からスタートした人々も、やがて鉄を使うようになり始めます。しかし人々は個別の金属材料の特性を考えており…

工場で働く人

銅の合金などの金属材料の活用法とは

鉄やアルミニウムなどの金属材料は、合金という形で利用されることが多いです。特に銅は古くから合金として活用されてきた歴史があり、その代表的なものとしてはブロンズを挙げることができます。ブロンズは胸像やモニュメントを作るときに使われており、風雨に曝される機会が多い屋外でも優れた耐久性を示しています…