銅の合金などの金属材料の活用法とは

工場で働く人

鉄やアルミニウムなどの金属材料は、合金という形で利用されることが多いです。特に銅は古くから合金として活用されてきた歴史があり、その代表的なものとしてはブロンズを挙げることができます。ブロンズは胸像やモニュメントを作るときに使われており、風雨に曝される機会が多い屋外でも優れた耐久性を示しています。そして亜鉛との合金は真鍮と呼ばれており、身近な例としては硬貨として利用されています。このように様々な形で金属材料が使われていますが、今後も新しい合金が登場する可能性があります。そのためには企業や大学が研究開発を進める必要があり、将来的には大きな予算が必要になります。また鉄が鋳造されて大砲に加工される前は、軍事用の金属材料の主体として銅が使われてきた歴史があります。そして銅にニッケルや微量の鉄などが含まれていると、腐食に対する耐久性も大幅に高まります。そして腐食に強い金属材料は、船舶や海洋関連の施設の素材としても適しています。一方で職人が手作業で加工する場合には、展性に優れた金属を活用するのが一般的です。そのために金管楽器を製造する場合には、亜鉛が少量含まれている銅の合金を活用することが多いです。

RECOMMENDED CONTENTS

ドリルの先端

銅はリサイクル性に優れた価値の高い金属材料

我々の生活を支える上で、金属材料は必要不可欠なものであり、銅はインフラ設備をも支える重要なものです。丈夫で数年にわたり使用できる家電製品や精密機器は、耐久性に優れた金属材料を使用すれば良いと考えがちですが、リサイクル性に優れているかも重要です。そして、銅は金属材料の中でもリサイクル性に優れるだ…

金属加工をする

銅は蒸留釜にも使用され効果が実証された金属材料

銅は、我々の生活で身近な金属材料であり、比較的高価なものです。電気銅の国際価格は2007~2008年頃には1tあたり100万円ほどにまで上昇し、2021年初めでも80万円もするほどです。そんな銅ですが、電線の導体から冷蔵庫などの熱交換器、調理器具に使用されています。しかし、そんな価値の高い銅を…

金属の線材

金属材料の歴史の中で銅が果たしてきた役割

人類のこれまでの歴史を考える上では、道具の発明と技術開発に注目することが重要です。数万年前は黒曜石などを加工して石器を作っていましたが、やがて人々は金属材料を使うようになります。最初は銅の使用からスタートした人々も、やがて鉄を使うようになり始めます。しかし人々は個別の金属材料の特性を考えており…

工場で働く人

銅の合金などの金属材料の活用法とは

鉄やアルミニウムなどの金属材料は、合金という形で利用されることが多いです。特に銅は古くから合金として活用されてきた歴史があり、その代表的なものとしてはブロンズを挙げることができます。ブロンズは胸像やモニュメントを作るときに使われており、風雨に曝される機会が多い屋外でも優れた耐久性を示しています…